【Report】より激しく、より華やかに。衝撃を叩きつけたLil na Valleyのデビューステージ!

より激しく、より華やかに。

Lil na Valley、衝撃を叩きつけたLil na Valleyのデビューステージ!!

PHOTO: 保坂萌/TEXT:長澤智典


世界配信デビュー。彼女たちの始まりを、"規格外"という言葉へ集約するのは簡単だ。でも彼女たちは「常識を変えたい」わけでも「逸脱したい」わけでもない。選んだ選択肢の答えが、「他とは異なっていた」だけのこと。それを、さりげなく自然体で示すから、注目の視線を注ぎたくなる。


3月19日(木)、舞台は赤羽ReNY alpha。この日、初ライブを行なった「毒にも薬にもなる」神聖×混沌なメロコアアイドル」のLil na Valley。 ライブでも披露した「Heavy Mental」を配信リリース中。ここに、Lil na Valleyのライブの模様をお伝えしたい。


  アラート音のようなけたたましいSEがフロア中に鳴り響きだす。その時点で、身体が興奮を求めるように騒ぎだしていた。舞台に現れたメンバーたちが、「これから熱狂を巻き起こしてやる」と言わんばかりに挑発する動きを見せてゆく。そして…。


「私たちと一緒にぶち上がっていきましょう」の声を合図に、 Lil na Valleyのライブは、配信ナンバー「Heavy Mental」からスタート。ラウドでパンッキシュ…それよりも、激しくも華やかと言ったほうが良いだろうか。唸りを上げて駆けだした楽曲の上で、雄々しい歌声をぶつけるメンバーたち。凛々しいステージングとは裏腹に、メロディや歌声はとてもキャッチーだ。身体は熱を抱きながらも、心は6人の歌声を求めていた。彼女たちは破壊力満載な楽曲に身を委ね、鋭い感情の刃をちらつかせながら、激しくダイナミックなステージングを描きだす。ちょっとなことじゃ揺るがないヘヴィなメンタルを持った彼女たちのステージングからは、勇壮さと愛らしさの両面が見えてきた。とても挑戦的なのに親しみを覚えるのも、そこに要因があってのことか…。

  パワフルなステージングとは裏腹に、MCでは可愛らしい姿を提示。そこは、アイドルらしい様?!でも、「みんなの背中を叩き出す」という言葉も伝えていたように、なかなかの雄々しさを6人とも抱えていそうだ。


続く「まだまだ終わらせない」では、ド頭からメンバーと会場中の人たちが「ナーナナナーナナナナナナ」と歌う彼女たちの声に合わせ、伸ばした手を左右に大きく振りながら想いを一つに分かち合っていた。サウンドは、めちゃくちゃラウドでパンキッシュ。その上で響く彼女たちの歌声が、青春の息吹を感じさせる。Lil na Valleyのライブは、初めて触れた人たちでもすぐに一緒に騒げる楽しさがある。両隣のメンバーの腰に手を当て、気持ちを一つに笑顔で声を張り上げる彼女たち。「あ・ば・れ・ろ」の声を受け、 フロア前方では激しく身体を揺さぶる人や飛び跳ねる人たちの姿も。何時しかフロアには、メンバーらと一緒に大きく手を振り、この楽しさを分かち合う人たちがあちこちに生まれていた。


激しさを魅力にしているLil na Valleyだが、軸にあるのは歌を大事にした姿勢。"シンガロング系"のアイドルユニット…ということは、フロアで一緒に歌いながら騒げってことだよな。

  デビューライブの最後には、今後、定期公演が開催されることが発表された。さらに嬉しいお知らせとして、優勝商品として「カラオケ配信&沖縄ライブツアー」を用意したJIL PLANET所属全グループによるバトルイベント「第1回ジルプラ杯(カップ)」を、5月1日より5月31日まで行なうことも告げてくれた。加えて、5月4日から5月10日にユニット初となる大型ビジョン放送も決定!彼女たちの「まだまだ終わらせない」闘いが始まる!


●配信情報●

iTunes Store、Apple musicなど全23サイト、185ヶ国一斉配信中!

「Heavy Mental」Lil na Valley


●大型ビジョン放送決定!●

場所:渋谷109フォーラムビジョン

期間:5月4日から5月10日


●定期公演情報●

公式ホームページにて随時発表!

Lil na Valley公式サイト:https://www.lilnavalley.site/

Lil na Valley公式ツイッター:https://twitter.com/lilnavalley