【Interview】Lil na Valley、配信ナンバー「Heavy Mental」について語る!

爆裂ガールズたち、でもその素顔は…。

Lil na Valley、配信ナンバー「Heavy Mental」について語る!!

TEXT:長澤智典

「毒にも薬にもなる」をコンセプトに誕生した、神聖✖混沌なステージを表現するアイドルグループLil na Valley。彼女たちに、配信中のシングル「Heavy Mental」の魅力について話を聞いた。今後、新宿FATEを舞台に毎月「定期公演」を開催することも決まっている彼女たちが、これからシーンにどんな旋風を巻き起こすのか楽しみだ。


「Heavy Mental」の歌詞は、「背中を押す」ではなく「背中を叩く」というLil na Valleyらしい内容!!


──デビューライブを行なった3月19日に、世界185ヶ国の様々な配信サイトから「Heavy Mental」がリリースになりました。みなさん、「Heavy Mental」についてどんな印象を持っています?


大茴香たまき:曲に関して言ったら重低音もすごいですし、そこも魅力ですけど…「Heavy Mental」は歌詞がとても良いです!いただいた直後聞いたときもすごい心に響いたし、歌っていく中、当てはまる気持ちがどんどん増えていったように、わたしにとっては聴けば聴くほど…時間が経てば経つほど自分に当てはまることが増えていく歌です。きっと聴いてくれたら、みなさんの胸にも染みる歌じゃないかなとわたしは思います。


──「ブスだからってバカにすんな無下にすんな」など、きつい言葉も多くないですか?


大茴香たまき:いっぱい入ってます(笑)。だけど、それが「背中を押す」ではなく「背中を叩く」というLil na Valleyらしい歌詞だともわたしは受け止めています。一つ一つの言葉がとても染みるので、「Heavy Mental」の歌詞は全部大好きです!


──まあやさんは、どんな想いを「Heavy Mental」に抱きました?


白檀まあや:わたしは「Heavy Mental」を初めて聞いたときに、今現在あるLil na Valleyの楽曲の中でも一番ライブ映えする曲だなと思いました!まずは配信で聞いてもらい、「いいなぁ」と思ったら次は楽曲を体感しにライブに来て欲しいな!


──Lil na Valleyは、激しい楽曲が多いのでしょうか?


白檀まあや:多いです。どの曲も言葉も振り付けもめちゃくちゃ激しいから、わたしたちもゆっくりしている暇がないんですよ(笑)!でもそういう、ガンガン攻めてゆくのがLil na Valleyの曲の魅力だと思います。声の掛け合いが出来る歌も多いから、ぜひ声を出して一緒に楽しんでもらえたらなと思います。


──いおりさんは、「Heavy Mental」にどんな印象を覚えました?


龍脳いおり:楽曲は、テンポが良くてすごく疾走感のある内容になっています。たしかに重低音も効いているんですけど、疾走感があるからこそ爽やかに聞こえる部分もありますし、突き刺さる歌詞が多いなという印象です。とくにわたしの心に突き刺さった歌詞は、「あたしにはあたしらしくいること奪わせない」というところ。その歌詞にとても共感を覚えました。Lil na Valleyの曲はどれもすごく強くて刺さるから、そこを感じ取っていただけたらなと思います。


──次は、このよさんかな。


伽羅このよ:最初に「Heavy Mental」を聞かせていただいたときから、とにかくメッセージ性が強い曲だなとすごく思いました。歌が心に強く刺さったのも、歌詞に込めた想いとリンクする部分が私たちの中にすごくあったからなんです。とくにリンクする気持ちを記した歌詞を歌っていると、ときどき涙があふれそうになります。この曲はみんなの心にリンクする部分もあると思うから、私たちがその気持ちをしっかり届けられたらなと思います。


──それくらい、歌詞が刺さる歌なんですね。


伽羅このよ:自分が今まで生きてきた中で感じた想いや体験など、そういうところに突き刺さる楽曲です。だからこそ、たくさんの方に聞いて欲しいなと思っています。それは他の歌も、そう。Lil na Valleyはメッセージ性の強い楽曲が多いから、全部の歌詞をぜひぜひしっかり聞いてください!!


──あすみさんは、「Heavy Mental」についてどんな風に感じました?


丁子あすみ:「Heavy Mental」はもちろん、Lil na Valleyの楽曲はみなさんに響く歌がかならずあると思います。しかも、それぞれに色の違う楽曲ばかりが並んでいるように、まずはライブに来て、Lil na Valleyのいろんな世界観を観て欲しいです。


──ライブを通し曲ごとにどんな風景を描いてゆくのか、そこが見どころだ。


丁子あすみ:そうです!とにかくライブに来てもらいたい(笑)!みんな「てっぺんとるぞー」という気持ちで活動していて、その気迫もステージに出ているからそれも感じてください。


──最後は、みやびさんですね。


山奈みやび:わたし、「Heavy Mental」のダンスの振り入れ中に挫けそうになったことがあって。でも、曲を聞いて「あっ、頑張ろう」と自分の背中を叩かれた経験をしてきました。わたしの歌うパートに「戦わずして諦めんの?また」というところがあるんですけど。歌うたびに「あー、その通りだな」と思うんです。「今の自分、戦わずに逃げてたかも」と思うたびに「もっと頑張ろう」とすごくなれる歌だからこそ、わたしは「Heavy Mental」に一番思い入れがあります!


歌っているときはみんなガンガン行くんですけど、普段はガンガン行けないタイプの子ばっかだから、そのギャップを定期公演で見せていけたらなと思います。


──今後、新宿FATEを舞台に「定期公演」がスタートします。みなさん、今、どんな気持ちで受け止めています??


山奈みやび:わたしにとっては初めてのことばかりだから、ドキドキと不安と緊張でいっぱいいっぱい(笑)。でも、とにかく頑張ろうと思います!


丁子あすみ:定期公演の場は、ライブで歌い踊っているだけじゃないわたしたちの姿を見せられる場にもなると思います。歌っているときはみんなガンガン行くんですけど、普段はガンガン行けないタイプの子ばっかだから(笑)、そのギャップを定期公演で見せていけたらなと思います。


伽羅このよ:ほんと、みんなこう見えて意外とめちゃめちゃ真面目で人見知りなんだよね(笑)!定期公演だからこそ出来ることもきっとたくさんあると思うから、いろんな私たちを観て欲しい。定期公演は、何時ものLil na Valleyのライブを通した私たちの姿だけではなく、いろんなことに挑戦してゆく私たちを観ていただける場になるだろうなともすごく思います。


龍脳いおり:普段は対バン形式のライブが多いぶん、「そういう人たちをいかに引き込んで、定期ライブにも足を運んでいただけるようにしなきゃ」とも、わたしは今思っています。クールに見えるかもだけど、めちゃめちゃ燃えてます(笑)


白檀まあや:Lil na Valleyのメンバーって、みんなライブを楽しむ気持ちがうざいくらいあるから(笑)、そういうエネルギーをみんなにどんどん振りまきながら良いステージを作っていきたいし、その成果を定期公演で見せたいなと思います。


大茴香たまき:今は初めて観てくださる方が大半だと思うんですけど、何度か観てくださる方も出ている時期だとも思うから。デビューからどれだけ短い期間で成長出来たかを試される最初の場が定期公演になると思います。もちろん、楽しさを届けてゆくんですけど!とにかく今は、1本1本ライブごとに成長した姿を、定期公演の場を含めしっかり観せたいなと思っています。


●配信情報●

タイトル:「Heavy Mental」

iTunes Store、Apple musicなど全23配信サイトで配信中!


●定期公演情報●

公式ホームページにて随時発表!

Lil na Valley公式サイト:https://www.lilnavalley.site/

Lil na Valley公式ツイッター:https://twitter.com/lilnavalley